HOME > トピックス > 2014

2年連続
ダイキチがボスに就任
  2014KNB総選挙最終結果
  子グマの名前が決定!
  2014NKB総選挙中間発表
  ロコが肺炎により死亡
  ロコがエゾヒグマ(オス)の
国内最高齢を更新!

トピックス一覧
2014年 トピックス
2013年 トピックス
2012年 トピックス
2011年 トピックス
2010年 トピックス
2009年 トピックス
2008年 トピックス
2007年 トピックス
2006年 トピックス

 2年連続 ダイキチがボス就任 2014.07.16更新

5月の発情期に入り、成獣のオスの群れではボス争いにかかわる威嚇・攻撃行動やマーキング行動が見られる中、ダイキチと同年代のクマ6頭(うち1頭はペアリングのため途中から不在)の動きが活発化し、小競り合いも多く見られるようになりました。また、年上のレッド(14才)・サチオ(14才)はペアリング選定のため群れから外れ、ホクト(14才)は8才のクマたちに押されてしまい意気消沈しています。一方、ダイキチは約450kg(過去10年において一番の巨体)と周りを圧倒する体格に成長し、牧場を見回る「巡回行動」や闘争の「仲裁」など、昨年よりボスとしての風格を保ちつつあります。
同年代の血気盛んな個体も力をつけてきているため、来年以降またどのようになるか分かりませんが、ボスを長く継続し群れが安定するようにダイキチに期待しています。


▲このページのトップへ


 2014 NKB総選挙 最終結果
2014.06.06更新

5月31日まで実施していた「2014 NKB総選挙」の最終結果が出ました。

今年は、3連覇を目前にしていた「ニイサ」が中間2位の「スリッパ」に逆転されるというまさかの結果。ニイサは出産活動のため第二牧場から産室に移動したためアピールができずそこで大きくスリッパに票が流れてしまったと推察。3位の「カコ」、4位の「テンテン」は昨年出産活動のため欠場していましたが、復帰した今年は見事に神セブン入りを果たしました。
上位7頭については「神セブン」としてオリジナルクリアファイルやポスター等で1年間活躍していきます。



PDF版はこちら

▲このページのトップへ

 子グマにの名前が決定! 2014.05.18更新

5月18日(日)、子グマ牧場にて平成26年度子グマ命名式を執り行いました。

来場者並びにホームページより4月26日〜5月6日までの期間中に公募した子グマの名前が決定致しました。

双子ついた名前は「ソチ」「ユヅル」です。
なんだか感動と興奮を与えてくれそうな名前になりました。

報道陣を前に記念撮影。

ソチの命名者
 白石様(札幌市)

ユヅルの命名者
 山田様(愛知県)、小島様(白糠町)、堀様(登別市)、田淵様(東京都)、木村様(東京都)、
 森山様(三重県)


子グマの命名に多数のご応募を頂きありがとうございました。

▲このページのトップへ


 2014 NKB総選挙 中間発表
2014.05.06更新

4月1日(火)より開催している「2014 NKB総選挙」中間集計結果が出ました。

首位を快走している「ニイサ」は2012年・2013年の2年連続でセンターグマの座についています。現在2位の「スリッパ」は41票差でニイサを追走。わずかな差で3位は「カコ」。この順位が最終開票でどのようになるか楽しみです。



PDF版はこちら

▲このページのトップへ

 ロコが肺炎により死亡 2014.02.06更新

1月19日(日)に34歳の誕生日を迎え国内最高齢の記録更新へ向け出発したばかりの「ロコ」が、2月4日(火)早朝に肺炎のため死亡致しました。
誕生日プレゼントを与えた日は前足を器用に使いながら固い鮭トバや果物を元気よく食べており35歳へ向けて安泰な印象でしたが、1月29日に飼育員が「ロコ」の体調不良に気付き経口投薬にて治療を開始しました。その後容体が悪化し注射投薬に切り替え、翌30日から点滴をするなどして治療を続けましたが、2月4日早朝にロコの死亡を確認。死亡した4日当日に北海道酪農学園大学へ搬送し司法解剖を実施。死因が肺炎であると判明しました。
つい最近まで元気な姿を見せていたばかりの「ロコ」の急死に飼育員は肩を落としていました。

▲このページのトップへ

 ロコがエゾヒグマ(オス)の国内最高齢を更新! 2014.01.22更新

獣舎内でご馳走を食べ終わった「ロコ」

 2014年1月19日(日)にクマ牧場で生まれ育った ロコ(オス) が誕生日を迎え、”満34歳”となり、この事で昨年のエゾヒグマ(オス)の国内最高齢記録(33歳)を更新する記念すべき日となりました。
 ロコは用意していたバースデープレゼント(果物やゴンドラで干していた鮭トバなど)を前足を器用に使いながらペロリと平らげ、取材に駆けつけていた報道陣がカメラを向けながら「おぉぉ」と驚きながらシャッターを切っていました。
 エゾヒグマは人間の年齢に換算すると約3倍の歳とされています。ロコは人間の年齢に換算すると100歳を超える元気なお爺ちゃんグマという事になります。
これからも元気に余生を過ごして欲しいものです。

▲このページのトップへ
トピックス総合案内施設紹介索道イベント&アトラクションショップ&レストランクマ山ブログ教育旅行向け
HOME会社概要採用情報加森観光グループ個人情報の取扱リンクよくあるご質問お問い合わせ
Copyright (C) Noboribetsu Onsen Cable Corporation.All Rights Reserved.