HOME > 施設案内 > 歴代のボス紹介

20代目ボス ダイキチ
18代目ボス ゲンキ
17・19代目ボス サチオ
16代目ボス マツ
15代目ボス ブッチャー
14代目ボス リキタ
13代目ボス フミオ
12代目ボス カズヨシ
11代目ボス モリオ
10代目ボス イッペイ
 9代目ボス リキ
 8代目ボス ギンタ
 7代目ボス ノロ
 6代目ボス ゴンゾウ
 5代目ボス ゴンタ
 4代目ボス コボス
 3代目ボス イシマツ(弟)
 2代目ボス イシマツ(兄)
 初代 ボス タロウ


第20代目ボス「ダイキチ」


 平成23年7月にボスの「不在」を発表してから2年が経過しました。今年の行方はどのようになるか注目していたところ、ようやく決定致しました。
 第20代目ボスの名前は「ダイキチ(7才)」です。5月の発情期に入ってから、成獣のオス群れではボス争いに関わる威嚇(いかく)・攻撃行動やマーキング行動が見られ、体格が大きくなったダイキチがボスの座に君臨しました。しかしながまだまだ若いボスの為、ボスグマの特徴である牧場内の「巡回行動」や「闘争仲裁行動」はまだ少ない状況です。今はこれからのボスの成長を期待しているところです。

▲このページのトップへ

 18代目ボス

ゲンキ

体重390s 頭胴長220p
ボス就任時年齢8歳(2009年)

「2001年4月24日 朝5時30分 小雨。愛別町道道路上で震えていた所を保護される。その後愛別町役場から旭山動物園へ移動し2001年5月21日旭山動物園よりのぼりべつクマ牧場へ保護収容される。」

▲このページのトップへ

 17・19代目ボス

サチオ

体重390s 頭胴長220p
ボス就任時年齢9歳(17代2008年)11歳(19代2010年)

「1999年5月4日 枝幸町下幌別の道路際で猫に襲われいるところを保護される。人工保育などを経て、釧路市動物園へ一時的に保護収容。その後、釧路市動物園よりのぼりべつクマ牧場へ保護収容される。」

▲このページのトップへ

 16代目ボス

マツ

平成元年(1989年)生まれ
ボス座位期間/平成12年〜平成19年
体重/400kg、体長(頭胴長)230p

「歴代ボスの中で座位期間最長を記録。政権交代の平成20年もボス候補として最後まで争っていた。」

▲このページのトップへ

 15代目ボス

ブッチャー

1980年1月生まれ。

「平成9年から11年までボスを勤め、就任時最高齢(17才)記録を持つ。若いときに暴れん坊だったが、ボスを意識する頃には「和」を重んじ第一牧場をまとめ上げた。」

▲このページのトップへ

 14代目ボス

リキタ

1980年1月生まれ。

「長寿だったウラコ(29才にて死亡)の息子。平成6年から9年までボスの座を勤め、引退してもしばらくは元気に第一牧場で暮らしていた。」

▲このページのトップへ

 13代目ボス

フミオ

「母の鑑と言われるフミの息子で昭和63年から平成5年まで、名ボスゴンゾーに次ぐ長期政権を維持した。最後までボスとしての気力を持ち続け健気に一生を全うした。」

▲このページのトップへ

 12代目ボス

カズヨシ

昭和50年生まれ
ボス在位期間/昭和61年5月〜11月
体重/290s、体長(頭胴長)/209p

「血気盛んな多くの若いクマ達に押されつつ、半年間という短い期間であったがよく健闘した。」

▲このページのトップへ

 11代目ボス

モリオ

第2のゴンゾーとささやかれていた。気性は温厚で、自分からは争わないが挑まれれば受けて立ち、実力のほどを見せている。おかげで、牧場にも平和が戻った。

▲このページのトップへ

 10代目ボス

イッペイ

昭和46年生まれ
ボス在位期間/昭和55年〜57年3月
体重/400s、体長(頭胴長)/220p
「いつも虎視眈々として不意打ちの機会を狙い、後ろから陰険に争うという戦法でボスになったものの、小競り合いが絶えず、牧場も戦国の世と化した。」

▲このページのトップへ

 9代目ボス

リキ

昭和45年生まれ
ボス在位期間/昭和54年〜55年7月まで
体重/450s、体長(頭胴長)/234p

「やはり女王ギンコの子供で、ギンタとは兄弟であったが、2代目のように協力はせず、それぞれが争ってボスとなった。そのためか、政権は共に短くして終わった。」

▲このページのトップへ

 8代目ボス

キンタ

昭和43年生まれ
ボス在位期間/昭和53年のみ
昭和55年死亡
体重/400s、体長(頭胴長)/220p

「女王ギンコの子供で、子グマの時から発育良好、気力充分、ボス候補と目されていた。」

▲このページのトップへ

 7代目ボス

ノロ

昭和39年生まれ
ボス在位期間/昭和52年のみ
昭和53年死亡
体重/360s、体長(頭胴長)/223p

「神経質なところがあり、1年でやせ細り病気になってしまった。」

▲このページのトップへ

 6代目ボス

ゴンゾウ

昭和39年生まれ
ボス在位期間/昭和45年〜51年
体重/345s、体長(頭胴長)/200p

「気が優しいが力持ち。さらに顔もよいという、牧場のボスとしては最高の性格と実力を持ち、7年という長期に渡り政権を維持した。」

▲このページのトップへ

 5代目ボス

ゴンタ

ボス在位期間/昭和44年〜45年
昭和45年死亡

「気が優しかったせいか、1年で交替となってしまった。」

▲このページのトップへ

 4代目ボス

コボス

昭和38年生まれ
ボス在位期間/昭和42年〜44年
昭和44年死亡

「小柄ながら、陰険さによって政権をものにした。」

▲このページのトップへ

 3代目ボス

イシマツ(弟)

昭和36年生まれ
ボス在位期間/昭和41年〜42年
昭和42年死亡

「兄弟で力を合わせるという、ヒトに劣らぬ賢明さを見せた。」

▲このページのトップへ

 2代目ボス

イシマツ(兄)

昭和36年生まれ
ボス在位期間/昭和40年〜41年
昭和41年死亡

「弟と共にボスとなり、絶大な強さを誇った。」

▲このページのトップ

 初代ボス

タロウ

昭和35年生まれ
ボス在位期間/昭和39年〜40年
体重/250s(推定)
昭和40年死亡

「気性が荒く、一匹オオカミとしてあまりに争いが多く、長続きしなかった。」

▲このページのトップへ
トピックス総合案内施設紹介索道イベント&アトラクションショップ&レストランクマ山ブログ教育旅行向け
HOME会社概要採用情報加森観光グループ個人情報の取扱リンクよくあるご質問お問い合わせ
Copyright (C) Noboribetsu Onsen Cable Corporation.All Rights Reserved.