HOME >教育旅行向け

飼育係のレクチャー
ヒグマ博物館
クマ山名物ジンギスカン


のぼりべつクマ牧場での学習

東アジア最大の陸上動物であるエゾヒグマはその昔、アイヌ民族にキムン・カムイ「山に居る神」と崇められていました。のぼりべつクマ牧場は、エゾヒグマの観察・研究・保護を目的に昭和33年、8頭から放牧を開始し、集団飼育・繁殖に成功。現在では約100頭の大所帯となりました。このように、のぼりべつクマ牧場は長年エゾヒグマの研究を続けてまいりました。このような研究の集大成として、ヒグマ博物館があり、飼育係によるレクチャーもございます。

・飼育係のレクチャー
 長年に渡り、エゾヒグマの研究をしている飼育係はまさにエゾヒグマのエキスパート。彼らの体験エピソードを交えながら、短時間でわかりやすいレクチャーを行います。

(要予約)


 〜レクチャーのテーマ〜

・子グマについて

 生まれたばかりの子グマの体重は、なんと!400g。ぐんぐん成長して、その年の秋には30sぐらいになります。

・クマの冬ごもり

 のぼりべつクマ牧場のクマは眠りません。なぜクマ牧場のクマは眠らないのか、とても不思議な冬ごもりのメカニズムについてお話します。

・クマのお母さん

 子グマが誕生するのは、1月〜2月くらい。母グマが冬ごもりをしている寒い真冬の時期に生まれてきます。出産シーンや授乳シーンなどのとても貴重な映像で説明致します。

・クマの食べ物

 肉食と思われがちなエゾヒグマ。野生のクマは植物や木の実、昆虫類を食べています。野生のクマの食べ物、クマ牧場のクマの食べ物について詳しく説明致します。

・クマの嫌いなもの

 北海道では生態系の頂点に立つクマですが、嫌いな食べ物や生き物があります。中でも一番嫌いなものは・・・きっと人間ではないでしょうか。



・世界にただ一つのヒグマ博物館

 生後1日目から各世代別剥製、骨格標本やクマの起源と歴史、世界の分布図、人畜の被害状況、ヒグマの習性や生態など、非常に興味深い資料を約500点展示しており、ヒグマの一生をつぶさにご覧いただけます。
ヒグマと人間のかかわりも興味深くご覧いただける世界で唯一のヒグマ専門の博物館です。

各世代別剥製

興味深い資料が約500点


▲このページのトップへ

クマ山名物「ジンギスカン」〜団体食事のご案内

 のぼりべつクマ牧場、クマ山食堂では約100席の椅子席をご用意しており、一般・学生への対応が可能です。季節を問わない「北海道名物ジンギスカン」や「すき焼き鍋」「海鮮鍋」があり料金や人数に合わせてご相談を承ります。

(写真)クマ山名物ジンギスカン



・修学旅行団体食事

メニュー 内容  全学生対象
ジンギスカン ラム肉、ピーマン、白菜、もやし、玉ねぎ、しいたけ、なす、漬物、ライス
※ライスのみ食べ放題
※ラム肉は一人前の1.5倍


1,400円




1,450円




1,500円
すき焼き
(豚肉)
牛肉、豚肉、長ネギ、しらたき、豆腐、玉ねぎ、えのき、しいたけ、うどん、ライス、漬物
※ライス食べ放題
海鮮鍋
(カニ無)
魚介(貝類・魚)、豆腐、玉ねぎ、うどん、きのこ、漬物
※ライス食べ放題
※上記料金に別途入園料金がかかります。
先生(引率)、看護師、カメラマンは入園料が無料となりますので、食事代(同上)を頂戴致します。
▲このページのトップへ

トピックス総合案内施設紹介索道イベント&アトラクションショップ&レストランクマ山ブログ教育旅行向け
HOME会社概要採用情報加森観光グループ個人情報の取扱リンクよくあるご質問お問い合わせ
Copyright (C) Noboribetsu Onsen Cable Corporation.All Rights Reserved.