ELECTRONIC LEAFLET for PDFEnglishKoreanSimplifide ChineseTraditional Chinese

  HOME > イベント&アトラクション > レクチャーダイジェスト

イベント&アトラクションへ戻る

 飼育員のスゴ技 〜「おやつアピール」から学ぶクマの能力〜 
       
(1月14日、15日実施)
                  
 のぼりべつクマ牧場には、この世のものとは思えぬ技を見せてくれるスゴ技の持ち主が大勢います。そうです。第一牧場、第二牧場のクマたちです。このクマたちの「おやつちょーだい!」の動きを私たち飼育員は「おやつアピール」と呼んでいます。この「おやつアピール」は1頭1頭異なっていて、すべてクマが自ら考え、創り出した技です。飼育員が教えたものではありません。

この「おやつアピール」を飼育員が厳選し、ランキングをつけてみました。ベスト10にはクララの「あーん」やテンテンの「おねがい!」などがランクインし、ベスト3にはベッキーの「くるくるバレリーナ」やあのお方のアレの動画も登場しています。これは、筆舌に尽くしがたい。
そして、このランクインしたクマのスゴ技の背景となる骨格や能力についてもお話しをさせて頂きました。レントゲン写真を比べると、クマの前足は人の手の骨格と似ています。クマの爪はホッキョクグマと比べると太く、長いですが、これは冬ごもりのために土を掘って巣穴をつくることに役立ちます。

 そして、そして、この「おやつアピール」から学べることは、クマは頭がいい動物ということです。良いことも悪いこともすぐに学習します。クマは器用な動物ということも学べます。面白いことも悪いことも簡単に出来ちゃいます。クマは1頭1頭個性があるということにも気づかされます。悪いクマもいれば良いクマもいます。

 さて、次回レクチャーでは、どんな動画が見られるのか!!期待大ですよ。









▲このページのトップへ

HOME会社概要採用情報加森観光グループ個人情報の取扱リンクよくあるご質問お問い合わせ
Copyright (C) Noboribetsu Onsen Cable Corporation.All Rights Reserved.